正寿院さんの風鈴祭りへMKタクシーさんの送迎シャトル便で行ってきた【実録】

旅日記

正寿院さんの風鈴祭りに行きたい。
でも、車の運転の自信がない(免許・車がない)。

そんな方の声に応えるのがMKタクシーさんの正寿院風鈴まつり送迎シャトル便です。京都駅もしくはJR宇治駅、京阪宇治駅と正寿院さんへの送り迎えをしてくださる特別便です。

【夏の風物詩】正寿院風鈴まつり送迎シャトル便
【夏の風物詩】正寿院風鈴まつり送迎シャトル便

お値段は京都駅からが4800円、JR・京阪宇治駅からが3300円(正寿院さんの拝観料900円は別)。

……実際のところどうなのか、気になりませんか?
そこで、参加者目線の正直な気持ちを余すことなくお伝えしたいと思います。

良かったところ

①正寿院さんの風鈴祭り最高

まず、シンプルに正寿院さんが素晴らしい。有名な猪目窓、いわゆるハートの窓から見えるお庭に景色も圧巻ですが、この時期は本殿近くを風鈴で彩る風鈴祭りが行われるのです。

たくさんの風鈴。そして、その風鈴の中にひとつひとつ趣向を凝らした花や紐細工が入っているのです。7月初旬までは紫陽花、それ以後は向日葵が入り、季節感も抜群です。

そして、正寿院さんは見どころが多い!本殿のお庭をぐるっと回らせていただくと可愛いお地蔵さんやりすの絵を見ることができます。

②安心安全の行き帰り送迎

乗合制のタクシーツアーなので最少催行人数はありますが、人数に比して大型のタクシーを手配してもらえるので、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、快適に正寿院さんへ行くことができます。正直なことを言うと、山の中にある正寿院さん。そこまで行く道はなかなかハードです。しかし、そこを迷いないハンドル捌きですいすいと運転していくドライバーさん。やはり、餅は餅屋ですね。

さらに、そんな安心感の中にありますから、車窓を見る余裕があります。油断すると眼前いっぱいにお茶畑やら紫陽花やらが現れる自然いっぱいの道です。一瞬で過ぎ去るため写真を撮るのは困難ですが、移動時間も飽きずに楽しめます。

③昼過ぎに解散のためまだ観光可能

せっかく京都観光をしているのだからいろんなところに行きたいという気持ち、皆さんにもあると思います。このツアーはJR宇治駅に着く解散時間が12時30分。京阪宇治駅12時35分。京都駅まで戻っても13時20分。つまり、そこからまだまだ別の場所の観光を楽しむことも可能なのです。

惜しまれる点

①時間が短い

1つの場所に拝観時間1時間というのはちょうどいいとは思うのです。しかし、前述の通り、見どころの多い正寿院さん。もっともっと見たいのです。しかし、これを解決する方法があることに気づきました。もう一度行けばいいのです。時期によって紫陽花の風鈴、7月上旬以降は向日葵の風鈴への変化もありますので何度も楽しめます。実際、私は2回参加しました。2回目はよりじっくりと楽しめて良かったです。時期が合えば蓮と風鈴のコラボが見れるかも!

もしくは、1回でゆっくり楽しみたい方は車で行くか、MKさんの貸切観光タクシーを利用されるという手もありますよ。

②寄り道ができない

正寿院さんを降りたところに美味しい宇治抹茶ソフトクリームが食べれるところがあります。ちょっと寄れればなぁと、正直思います。しかし、そんなときは降りる場所をJR宇治駅か京阪宇治駅にするのはいかがでしょうか。昼過ぎに着きますからその後たっぷりと宇治観光ができますし、抹茶関係のお店も沢山あります。

まとめ

結論、MKタクシーさんの正寿院風鈴まつり送迎シャトル便はとても良いです。
安心安全に正寿院さんの風鈴まつりに行きたい方はぜひ!

【夏の風物詩】正寿院風鈴まつり送迎シャトル便
【夏の風物詩】正寿院風鈴まつり送迎シャトル便

……書くのが遅すぎて残り期間あとわずかですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました